バッティング

実は間違えていた⁉バッティングセンターでの練習方法

今まで当たり前だと思っていた練習方法が、実はあまり効果的な練習ではないことが多く存在しています。例えば、速球を打つためにより速い球でバッティング練習をするのはあまり効果的ではありません。

速い球で打つ練習は効果あるの?

バッティングセンターに行くと、150km/hや160km/hの速度がでる打席ってありますよね。速い球に振り遅れないでついていけるようにする為に子供に練習をさせている場面をよく見ます。しかし、その練習は逆効果なんです。速い球に振り遅れてしまうにも関わらず、いくら速い球で練習してもバットに当たったところでヒットに繋げることは出来ません。

私も中学生時代は部活が終わってから近所のバッティングセンターへ毎日のように通っていました。速い球に慣れるようにと130km/h、140km/h、150km/hを必ず打っていました。しかし、今思えば速い球についていく為にフォームなど一切気にせずただ当てにいくだけの効果のない練習でした。それでは上手くなりません!むしろ間違ったフォームがカラダに染み付いてしまって逆効果だったと思います。

どんな練習がいいの?

では、バッティングセンターでの正しい練習方法とは『1km/hでも遅い球で練習をすること』です。とにかく、正しいフォームで打つことだけを考えるのです。練習ですから空振りしてもファウルになっても気にしないでください。とにかく遅い球を正しいバッティングフォームで練習するのです。

バッティングで大事なのはタイミングです。タイミングがうまく取れていないと振り遅れてしまいます。速い球になると、タイミングを合わせるのが難しく慌ててバットを振ってしまい間違ったバッティングフォームが身体に染み付いてしまいます。

まずは、とにかく正しいバッティングフォームを身体に覚えさせてからタイミングの取り方を覚えてください。そうすれば、速い球でも振り遅れることがなくタイミングを合わせて正確に打つことができます。

飛距離を出すポイント

飛距離を出すために“ボールの芯より少し下”を狙って打つことです。
これもよく勘違いされているところなのですが「ボールの芯を狙って打て!」と言いますよね。決して間違ってはいないのですが、まだチカラの弱いお子さんがなるべくボールを遠くへ飛ばすにはボールの芯より少し下を狙うとバックスピンの回転がかかってボールにチカラが伝わりやすいのです。

プロ野球でも「ホームランとチップフライは紙一重」と言われるのはここにあるのです。これにはちょっとしたコツが必要になってくるので練習するときには、新しいボールを使ってみてください。新しいボールで練習をするとバットにボールの跡が付きます。
そのボールの跡が擦れているように付いていれば上手くボールにバックスピン、すなわち
「遠くへ飛ぼうとする回転」を与えられた証拠になるのです。

最速でバッティング技術を向上させる練習法