バッティング

手遅れになる前に

『手遅れ』という言葉は大袈裟かもしれませんが、これからお話する方法は少年野球から中学野球で頑張っているお子さんを対象とした”短期間でバッティング技術を劇的にアップさせる方法”です。

もし、あなたの息子さんが高校野球や社会人野球で野球をされている場合は『手遅れ』かもしれないのです。なぜかというと、高校野球以上ですとどうしても癖というものが付いてしまっていてそれを正しく改善させるためには時間がかかってしまうのです。それに体も出来上がっているので教わったことを自分のものにするのに時間がかかります。

それに対して中学生までのお子さんは、成長期でまだまだ伸びしろがあるため教わったことをすぐに吸収していくので、癖が付いていたとしても比較的簡単に矯正ができるのです。なので中学生までのお子さんをお持ちの方はすぐにでもこれから紹介する正しい練習方法を取り入れることをお勧めします。

正しい練習法とは?

あなたは普段の練習でヒットを打つために人一倍、素振りをしていませんか?

どの指導者も、打てるようになる為にひたすら素振りをさせますよね。現に私も野球をやっていた頃はとにかくバットを振っていました。しかしこれは大きな間違いだったのです。

もちろん毎日素振りをすることは大事ですが、素振りというのは正しいバッティングフォームで行わないと変な癖が付いてしまい効果的な練習にはならないのです。

正しいフォームも知らずに小学生のうちから闇雲に素振りをさせてしまうと、大きくなった時にその癖を矯正するにはとても時間がかかってしまいます。だからこそ大人になる前に正しいバッティングフォームを身につけることが重要なのです。

じゃあその正しいバッティングフォームってなに?

バッティングフォームとは、スタンスから始まってスイング ⇒ インパクト ⇒ フォローまでの一連の動作です。ここで全てをお伝えしても息子さんは全部を理解して実践するのは
難しいと思いますので、息子さんがバッティング技術を向上させるために最低限必要な要素だけをお話します。

その最低限必要な要素とは…